社員インタビュー

牧野_main
SE事業部 技術部 設計2課
牧野 修士(2012年入社)
専攻(学校・学部・学科)
東京都市大学・工学部・電気電子工学科
担当業務
制御盤設計、PLCソフト設計
牧野_sub1

朋電舎を選んだ理由

静岡出身で、大学卒業後は地元で就職したいと考えていたことと、モノづくりに興味があり、大学で学んだ電気の知識を生かせる仕事に就きたいと考えて就職活動を行っていました。
そこで朋電舎を知り、会社見学に参加をしたところ、様々な産業分野に関る制御盤の設計、製作、設置を一貫して行っている会社であり、制御設計の担当者は、件名ごとに異なる仕様に合わせて一品一様の設計を行ない、件名に最初から最後まで関れるということに魅力を感じ、当社を選びました。

現在の仕事・やりがい

制御設計の仕事に従事しており、お客様の要求仕様に合わせ、電気回路や制御盤の外観、機器配置などCADを使用して設計するハード設計と、PLCのシーケンスプログラムやタッチパネルの画面プログラム等を設計するソフト設計の仕事を担当しています。
また、デスクワークだけでなく、納入先の工場に赴いて、仕様通りの動きができるかの試運転作業もあります。
基本的に一つ一つ違うものを作るので、常に新しいことに挑戦できること、また自分の設計したものが思い描いたとおりに動く様子を見ることができ、やり甲斐を感じています。

牧野_sub2

これからの目標

今年で入社3年目になり、これまでいくつかの件名を任されました。
まだまだ気持ちに余裕が持てず、完成させることだけに集中してしまい、ハード設計の過程で製造工程での作り易さなどに配慮が足りず指摘を受けたことがありました。
また、ソフト設計でも自分以外の人が一目で理解しづらい構成であるという指摘も受けました。
誰にとっても作り易く、わかりやすい設計でなければ、無駄も生じ、利益につながらないことになるため、設計過程でも客観的に考察を加えながら良いものづくりを心がけていきたいと考えています。

学生の皆さんへのメッセージ

初めはとにかく、“わからなければ聞く”ことに尽きると思います。
自分だけで判断した結果、客先や同僚に迷惑をかけ、会社の損失につながってしまうこともあります。
もちろん自分で考えることも大事ですが、躊躇していても先には進めません。
今の時点でわからないのは恥ずかしいことではありませんので、ガンガン聞いてください。